四季の旅写真Gallery

北海道、関東を中心に、四季の鉄道風景を掲載します。

雪レ街道6(宗谷本線、富良野線)

新十津川で最終列車を見送った後、再び宗谷本線に向かいました。

一応お仕事しながら登場。名寄の先まで行った甲斐がありました。
(宗谷本線 智北・南美深)
IMG_2087

蘭留で撮影した雪レ(ただ通過しただけ)は、塩狩で快速なよろを先に
行かせます。
IMG_2140

IMG_2144

帰りの便の出発まで少し時間があったので、久しぶりの美瑛、赤羽の丘の
ブルーモーメント
IMG_2152

締めは、富良野線北美瑛。
IMG_2197

長いシリーズ、お付き合いありがとうございました。
(おわり)

雪レ街道5(札沼線)

新十津川に泊まった翌朝は、札沼線撮影です。

秘境駅、豊ヶ岡に浦臼行き始発列車が到着。
IMG_1997

豊ヶ岡で撮影した列車が、浦臼から戻ってきました。
P1070435

難読です。おそきない(晩生内)駅
IMG_2012

新十津川駅。おとぎの国の駅のようです。
IMG_2027

そして、1日1本の列車が新十津川に到着しました。
IMG_2047

約10分停車して、最終列車として石狩当別に向かいます。
IMG_2062

つづく

雪レ街道4(石北本線、札沼線)

音威子府で休憩の後、石北本線に向かいました。


しかし、石北雪レも、静かに通過していきました。(石北本線・伊香牛)
IMG_1897

夕暮れ時、上りオホーツクも撮りました。
IMG_1905

2日目の締めは、札沼線の終点、新十津川。
思いがけず、冬まつり。嬉しいサプライズでした。
IMG_1958

IMG_1922

列車は1日一本‥。今夜のお宿は新十津川のサンプラザです。
IMG_1942

つづく

雪レ街道3(宗谷本線)

道北のシンボル利尻岳が、真冬に見られる確率は
1割以下なのかもしれません。今回も残念ながら見らず、
宿題を残してきました。

早朝登山。雪レの朝イチはここから。
P1070270

頂上2時間待ちました。その甲斐なく、雪レは静かに通過していきました。
P1070291

凍った天塩川に沿って、雪レはゆっくりと通過
真正面に利尻富士が見えるポイントです。(宗谷本線 雄信内)
IMG_1864

佐久あたりで、下りのスーパー宗谷。(ここでも雪レを撮りましたが、
静かに通過しただけでした)
P1070306

音威子府は素敵な駅です。どんな被写体でも絵になります。
P1070351

スキー場をバックに、上り普通列車(音威子府・咲来)
P1070376

つづく

雪レ街道2(宗谷本線)

初日は稚内泊。北上しながら、やってくる列車を
撮影しようにも、やってくる列車がさらに少なくなりました。


咲来(さっくる)という素敵な名前の駅にあった芸術作品
製作者:冬将軍
IMG_1747

天塩中川手前で、待ち構えて撮りました。特急サロベツは残りますが、
この車両が使われるのは残り僅かの期間になりました。
IMG_1757

宿にチェックインして、日が暮れた南稚内で、下りサロベツ
IMG_1788

稚内駅、オシャレできれいな最果て駅になりました。
IMG_1766

サロベツが塒に入るのを見届けて
IMG_1841

冷えた体が温まりました。しじみラーメン
IMG_1845

つづく

livedoor プロフィール
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: