四季の旅写真Gallery

北海道、関東を中心に、四季の鉄道風景を掲載します。

鉄道

紅い花の季節2018(彼岸花と鉄道)

連休最終日の敬老の日、ようやく青空が見えました。余談ですが、私も来年から敬老の日対象者になります。

LSEがいないのは物足りませんが、楽していける小田急へ。さて、彼岸花の咲き具合はどうでしょうか?
IMG_3831

朝の栢山駅。富士山は見えませんが、予報を覆す快晴です。
IMG_3790

快晴なので、開成方面に歩くと、田園が広がります。畦には紅い花が見事な咲きぶり
IMG_3827

まずは、白い普通電車。雲もいい感じです。
IMG_3798


場所を変えて、彼岸花色のGSE
IMG_3805

VSEの白も彼岸花とはマッチします。去年は1週遅かったため、撮り逃した彼岸花。今年はいい感じです。
IMG_3809


午後は、富水から歩いて栢山の田園中心に。彼岸花はありませんでした。
IMG_3830

大山が見える場所から、VSE
IMG_3832

GSEを撮って撮影終了。暑かった~。彼岸花は開成駅が良かったのですね。1駅間違えました。
IMG_3842

栢山駅前のラーメン山北で、味噌ラーメンを食べて岐路につきました。

最後に、白い彼岸花と招き猫電車を。
IMG_3632


Fin.

夏の終わりは北海道4

夏休みも残すところ2日。9月1日、暦が秋に変わると、切れ味ある青空が戻ってきました。


朝練は北舟岡、いつも訪ねる駅ですが、今回の滞在では初めての訪問です。
IMG_3430

朝日を浴びる有珠山と、キハ40
IMG_3415

キハ40祭りのような朝練です。いったん白老に戻り、日中はテレワークなどしながら過ごしました。
IMG_3434

夕方再び、出かけました。羊蹄山は雲がかかっていますが、山頂が見えてきそうな雲行きです。
IMG_3451

見えてきました。ようやくエッジの効いた写真が撮れました。
IMG_3475


赤スカの貨物を撮って、北舟岡に向かいます。
IMG_3493


このところ不発続きだった「北舟岡夕日ショー」、久しぶりに見れそうです。
IMG_3500

普通列車が上下2本撮れます。キハ40です。
IMG_3509

IMG_3510


続いて、下り列車。これもキハ40。盛り土に雑草が生え、ごちゃついたところを旨く隠してくれて、我ながらよい構図。駒ヶ岳も見えます。
IMG_3523

弱くなった西日を受けるキハ40と北舟岡駅。ナイスなショットが撮れました。
IMG_3525

満ち足りて、岐路に着きました。そして最終日。フライトが早いので近場で軽く朝練。
IMG_3442


虎杖浜駅前は、すっかり秋模様です。
IMG_3446


こうして、64回目の夏が終わりました。
IMG_3567

地震から5日が経ちました。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
日に日にライフラインは回復していますが、節電や避難生活でご苦労も多いと思います。

一日も早い平穏な日々が戻りますように。
もうこれ以上大きな余震がきませんように。
大雨、台風が来ませんように。

Fin.






夏の終わりは北海道3

宿に戻って、日本一の旅館朝食をいただき、朝風呂にゆっくり浸かって、チェックアウトまでのんびりしました。天気は快晴ではありませんが、雲間に青空も見えるので、積丹ブルーの海が期待できそうです。

西積丹、海沿いの国道を進み、神恵内村では、懐かしいものに会えました。積丹かもいユース。45年ぶりです。1970年代、北海道を旅した人ならば知っている人は多いと思います。オーナーさんはお亡くなりになり、今は休館状態のようです。それでもこの建物を見ただけで、いろんな記憶が蘇りました。
IMG_3264

駐車場から、アップダウンを20分歩いた甲斐がありました。積丹ブルーの神威岬です。
IMG_3290


積丹半島を一周し、余市でご当地入場券をゲットし、倶知安回りで白老に戻りました。
もちろん、途中で鉄道を撮影しながら。
夕暮れ間近の北四踏切。羊蹄山が見えていました。
IMG_3320

そのあと、比羅夫駅にも寄りました。ちょうどディナータイム(ホームでバーベキュー)でした。
またいつか泊まりたいです。
IMG_3327

IMG_3337


翌日は、雨模様。日高三石の蔵三への小旅行は、日高本線の駅巡りをしながら。
途中、各駅でご当地入場券を購入しました。
IMG_3354

IMG_3383

昆布干しの浜。線路は錆び、雑草で見えないところもありました。
もう3年以上列車が走っていませんから、仕方がないですね。
IMG_3393


終点様似です。
IMG_3408


ここまで来たら、襟裳岬。まだ30キロ近くありますが。
IMG_3402

IMG_3404

つづく。

旅から戻って3日後、北海道で大地震が発生しました。
被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
各方面の懸命のご努力で、ライフラインは日に日に回復し、
今日から、貨物も特急も走り始めました。

いつも温かく迎えてくださり、ありがとうございます。
北海道での素晴らしい思い出は、日常の活力になり、心の支え、残りの人生の希望です。
心を痛めることしかできないのが、とてももどかしいですが、
一刻も早く平穏な日常が訪れることを祈っております。


夏の終わりは北海道2

旅は3日目。朝練を終え、ゆっくりして、お昼近くになってから、岩内に向けて出発しました。
下道を走り、やってくる列車を撮りながらの旅。


室蘭本線大岸駅近くの漁港から、海越しのスーパー北斗
IMG_3188


このあと、お目当ての列車がありました。四季島がやってきます。
礼文の森で撮ることにしました。大雨に貨物は軒並み遅延でしたが、さすがは高級列車、遅れなく礼文の森駆け抜けていきました。
IMG_3203

IMG_3208

黒松内から蘭越、一気に日本海側。岩内の高島旅館に到着しました。前回年末のホワイトアウトの中、よれよれで到着した時とは大違いです。
翌朝は、最寄りの小沢駅で朝練です。
IMG_3218


朝夕限定のキハ201系。希少品種です。
IMG_3221


朝の小沢駅。札幌や小樽への通勤・通学客がけっこう大勢乗車しました。
朝は賑わうんですね。ホッとします。
IMG_3233


今度は、ホームから。羊蹄山の山頂が見えることを知りました。
IMG_3246


快速ニセコライナー(キハ201系)が到着しました。朝練終了です。
IMG_3255


つづく


夏の終わりは北海道1

夏の終わりは北海道、今回は1週間のロングバケーションです。
45年前の思い出の場所(積丹、日高)を巡ることもでき、過ぎ行く季節を惜しむには十分な時間でした。
IMG_3503

初日は、片付けや買い物に終始し、カメラをもって出かけたのは2日目から。
シャイな羊蹄山が姿を現してくれました。やってきたのはキハ183系北斗。代走だったのでしょうか。
IMG_3023

壮瞥道の駅に寄り、お気に入りの壮瞥公園から、洞爺湖を眺めました。
IMG_3052

真狩村のレストランでお昼を食べて、ニセコ町へ。2時間に一本の函館本線を撮ります。
IMG_3066

振り向けば、ここでもシャイな羊蹄山。小さくニセコ駅も見えます。
IMG_3086

ニセコ駅です。来月にはカボチャでいっぱいになります。駅前の日帰り湯に入りました。
IMG_3092

倶知安駅近くで、旧胆振線の駅が公園になっているということで、寄ってみました。
IMG_3105

京極では、羊蹄山の湧水が名水となっています。
IMG_3110

3日目は、岩内に小旅行の予定。朝練は近場で少々。富浦です。
IMG_3140

各地とも、オオハンゴウソウをよく見かけました。虎杖浜駅でも。
IMG_3159

線路に沿って咲き乱れるオオハンゴウソウ。DFがやってきます。
IMG_3442

駅前は、コスモスであふれ、もう秋たけなわの季節感です。
IMG_3446

つづきます。




晩夏のゴールデンウィーク③(小湊鉄道)

夕方、小湊鉄道に戻ってきました。


上総鶴舞駅構内の空き地に、移動式のコーヒー店ができていました。
IMG_2677

美味しい水出しコーヒーを1杯飲んで、定番、切通を行く列車を撮影
IMG_2671

同じようなアングルですが、いい雲がでました。
IMG_2708

同行のAさんおすすめの場所。西日が当り鮮やかに輝くキハ200
IMG_2700

そして、本日の締めの1枚
IMG_2728

駅の銀杏、一回り大きくなった感じです。
IMG_2739

素晴らしい1日でした。乗って帰ります。
IMG_2744

次は、彼岸花の季節に。
IMG_2748

おわり

晩夏のゴールデンウィーク①(小湊鉄道)

猛暑の夏でしたが、急に気温が下がり爽やかになりました。天気は極上なので、久しぶりの小湊、いすみ。黄金色に色づいた稲穂の海が狙いです。


新宿から、さざなみに乗って久しぶりの五井駅。小湊の旅はいつもこの駅から。
IMG_2514

時間があったので、たっぷり駅撮りです。
IMG_2521

上総中野行きに乗ります。降車駅は未定ですが、川間か鶴舞か。
IMG_2531


稲の色づきに誘われて、上総川間で降りました。
IMG_2540


空気は爽やか、天気は極上、幸せな土曜日の朝です。
IMG_2546


地元の友人と合流し、以降、車で撮影地を巡ります。まずは、川間で里山トロッコ
IMG_2557


思い描いた、イメージどおりのシーン。
IMG_2560

続いて、隣の上総鶴舞。ここの稲穂も見事な色づき。
IMG_2574

まだ、刈り取り前の最高の条件です。
IMG_2590


続いて、上総久保。緑の銀杏と、色づいた稲穂と。すっぽり収まる2両編成。
IMG_2597

養老渓谷で、向日葵を撮って、いすみ鉄道に向かいました。
IMG_2606


つづく

8月の熱い鉄(晩夏のメモリー)

立秋が過ぎて、8月も中旬になってくると、まだまだ暑いですが、晩夏の風情。
残り少なくなった夏休みを惜しむ子供のように、夏の終わりは寂しいものですね。

湿原を見下ろす丘に登ると、秋風が涼しい (花咲線 厚岸)
IMG_1159


8月の熱い祭り。腰越通りの三大夏祭りの1つ、片瀬諏訪神社例大祭。
IMG_8794


スカイツリーが、まだ300メートルだった夏
IMG_2706


真夏の夜の2000系交換、小布施駅。 (長野電鉄 小布施)
IMG_3343

厚賀の海岸線を走る線路が生きていた夏 (日高本線 厚賀)
P1240780


緑あふれる湿原に感動した夏 (釧網本線 塘路・茅沼)
P1160493


丸窓電車が走っていた夏 (上田電鉄 舞田)
IMG_2280


夏は夕暮れ、桃浦の夏 (旧鹿島鉄道 桃浦)
IMG_2802


DD51が貨物をけん引して、常紋峠を登っていた夏 (石北本線 生田原)
IMG_8831


幾寅より先が、つながっていた夏 (根室本線 幾寅)
IMG_0729


夏は思い出作りの季節。終わるのが惜しい季節です。
R0010881





潮騒にのって 2018夏(銚子電鉄)

ほぼ10年ぶりに、真夏の銚子に行ってきました。最高気温は30度に届かず、潮風が心地よく、首都圏とは一味違う夏でした。

お目当ては向日葵
IMG_2172

東京駅から、特急しおさいで2時間半。北海道より遠いですが、週末土曜日、至福の時間です。
IMG_2005

列車の顔ぶれは変わりましたが、醤油工場がある光景、以前と同じです。
IMG_2145

乗ります。(仲ノ町)
IMG_2156


車内も小ぎれいに、乗客も増えて、以前より活気が出てきた感じです。
IMG_2011

縁起物です。
IMG_2127

そして、お目当て、向日葵咲く、犬吠駅
IMG_2032

向日葵はほぼ東向き。意外に難しい。
IMG_2043

地元高校生に見送られ、終点外川へ
IMG_2100

801が余生を送っていました。塗装はとても美しい
IMG_2110

ボディに光が回って、午後の部
IMG_2233

IMG_2257

こんなところでしょうか。向日葵見ごろで満足です。
IMG_2209


帰路につきました。(Fin.)
IMG_2120


北海道夏時間2018

元気に64回目の夏。
■6/30~7/1 道東(石北本線、釧網本線、根室本線)
■7/21~7/23 道央(夕張線、室蘭本線、根室本線、日高本線)

今年も元気に夏の北海道、行けています。それがなにより一番です。(釧網本線 中斜里)
IMG_0291

えぞ梅雨なんて言葉ができるほど雨が多い北海道でしたが、予報がいい方にはずれ、知床半島が見える夕暮れになりました。(釧網本線 浜小清水)
IMG_0387

同行のNさんに連れてってもらいました。清里町のサクラマスの遡上です。
IMG_0094

釧網本線オホーツクサイドに来たときは必ず立ち寄る止別駅ナカの「えきばしゃ」さん
IMG_9768

絶好のお天気、極上の朝、キラキラ逆光、始発列車。(釧網本線 浜小清水)
IMG_0448

〇度目の正直、青空の下で原生花園。エゾキスゲとキハ40(釧網本線 原生花園)
IMG_0470

粘った甲斐がありました。シラルトロ湖で見た、(見たことはありませんが)オーロラのような夕焼け。
IMG_0857

雨天でも、タラコ豊漁の朝(根室本線 古瀬)
IMG_0903

霧の海岸線を行く普通列車。このあと、真っ白な世界に。ギリギリが良い撮影地(根室本線 音別)
IMG_0943r


上厚内で、ナイスな交換(根室本線 上厚内信号場)
IMG_1071rr


エゾフクロウの幼鳥にも会えました。
IMG_1171


夕張線、最後の夏
IMG_1567

IMG_1584


残念です。もう1回訪ねたい、夕張線
P1090876

今年も行けました。金山湖のラベンダー(根室本線 東鹿越)
IMG_1624

夏の深い緑に覆われた駅、上り、下りが行き交う光景(室蘭本線 早来)
IMG_1690

夏羊蹄
IMG_1758

北舟岡、真夏のサンセット。
IMG_1495

Fin.
プロフィール

とらさん

最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: